髪を梳かしている男性
  • ホーム
  • MSD社(旧・万有製薬)のプロペシアと女性ホルモン

MSD社(旧・万有製薬)のプロペシアと女性ホルモン

頭髪のトラブルは、単純な見た目の変化の他にも精神的な影響を与えます。
男性の場合では男としての魅力に自信がなくなったりするなど特にその傾向が強く、日本に於いては薄毛などはみすぼらしい容姿として認識されているようです。
こうした薄毛などは、迷信じみた治療法などが跋扈していました、近年ではこうした症状はAGAと呼ばれ、医学的な見地からの治療アプローチが積極的に開発されています。

このAGAの最も有効な治療手段として、プロペシアを挙げることができます。
このプロペシアはホルモンバランスに作用して、AGAの症状を緩和してゆく薬です。
日本に於いてはMSD社(旧・万有製薬)が製造しているプロペシアが純正品であり、最も安全かつサポートのしっかりしたAGA治療法です。
薬品の個人輸入を行えば、海外の安価な薬なども入手できますが、それらは違法である可能性が否定できないうえに、安全面に関しては自己責任となってしまいます。
なので、日本国内のでのプロペシアの利用はMSD社(旧・万有製薬)の薬品を利用することをお勧めします。

また、プロペシアは体内のホルモンバランスに作用するので、肉体的にも非常に大きな変化が起きます。
男性の場合は男性機能の低下などが副作用として広く認知しており、これを女性が摂取してしまうと、女性ホルモンの機能にも大きな影響を及ぼし、奇形児が生まれる可能性が高まるなどの深刻なデメリットが発生してしまうので、注意が必要です。
プロペシアなどのホルモン系の薬は口径摂取でなくても、皮膚に付着するだけでも影響を与えるので、厳しい管理が必要です。
これらの注意点を守ることが、プロペシアの利用においてはとても重要です。

関連記事